舞台公演のお祝い

舞台公演のお祝いにお願いされました。今回は濃い目のピンクとグリーン多め、さし色程度の赤のカラーで豪華に見えながらも少し落ちついた感じというこちらの無茶苦茶な要望にお応えておりました。いつもお値段よりボリュームたっぷりに仕上げて下さるのでメールに添付されてくる画像を見るのが楽しみです。

デージー:
春、明るい色で咲く。 ・つぶつぶの花びら。  真ん中が黄色い。  赤花と白花がある。「day’s eye」(日の目)が   語源で、  花芯の黄色を太陽に見立てた。  日を受けると花開き、  曇りの日や夜は閉じる。花弁の数が多く、  よく恋占いに使われたことから、  イギリスでは  「愛のものさし  (メジャー・オブ・ラブ)」と  呼ばれたこともあったらしい。「デイジー」とも読む。別名  「雛菊(ひなぎく)」  「延命菊(えんめいぎく)」  「長命菊(ちょうめいぎく)」

開花時期になると花が次々に咲くので、枯れはじめてきたら花茎ごと切りましょう。そうすると株が疲れずに長期間花を楽しむこともできますし、枯れた花にカビがついて病気を誘発する心配もなくなります。
本来毎年花を咲かせる多年草ですが、暑さで枯れることが多く、1年草として扱うのが一般的です。
日当たりの良い場所を好みます。ある程度の日陰にも耐えますが、日照不足だと茎が間延びしたり花付きが悪くなります。特に苗の時期はしっかりと日に当てて丈夫な株に育てることが大切です。
寒さには比較的強いですが、不安な場合は霜よけ程度の簡単な防寒をします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2017.10.4

    聖隷浜松病院

    こちらの病院では、初診の患者様には、かかりつけ医への受診をお願いしていますので、…

  • 2017.7.7

    西荻クリニック

    こちら、杉並区にある西荻クリニックには、医学への精進を心がける最良の医療スタッフ…

  • 2016.5.2

    もりはなてん

    季節のお花を中心に取り揃えているフラワーショップで、足を運ぶ度に四季の移ろいを感…

  • 2015.5.11

    小島ガーデン

    ガーデニングにこだわっているという方必見のショップで植木や草花、多肉植物などを中…

  • 2018.2.2

    陣の内脳神経外科クリニック

    脳ドックの認定クリニックとして、専門の診療や検査を行っていますので、専門医が在籍…

  • 2016.9.1

    ウェルシーフラワーズ GA-EN

    ハイクオリティのフラワーギフト、アレンジメント、ブライダルフラワー、ブリザーブド…

  • 2018.6.1

    ひうら整形外科クリニック

    患者様のニーズに沿って安心安全な医療を提供していますので、外科系の疾患やきになる…

  • 2015.11.2

    GA-EN

    クオリティの高いフラワーギフト、アレンジメント、ブライダルブーケなどを提供してく…

  • 2017.2.17

    かたぎりクリニック

    常に患者の立場に立って治療を考えてくださるクリニックで、病気のことから身体のこと…

  • 2019.10.5

    ロクト整形外科クリニック

    腰痛や肩こり、関節炎などの慢性疾患から、骨折や捻挫などの一般整形、スポーツ整形、…

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る