舞台公演のお祝い

舞台公演のお祝いにお願いされました。今回は濃い目のピンクとグリーン多め、さし色程度の赤のカラーで豪華に見えながらも少し落ちついた感じというこちらの無茶苦茶な要望にお応えておりました。いつもお値段よりボリュームたっぷりに仕上げて下さるのでメールに添付されてくる画像を見るのが楽しみです。

デージー:
春、明るい色で咲く。 ・つぶつぶの花びら。  真ん中が黄色い。  赤花と白花がある。「day’s eye」(日の目)が   語源で、  花芯の黄色を太陽に見立てた。  日を受けると花開き、  曇りの日や夜は閉じる。花弁の数が多く、  よく恋占いに使われたことから、  イギリスでは  「愛のものさし  (メジャー・オブ・ラブ)」と  呼ばれたこともあったらしい。「デイジー」とも読む。別名  「雛菊(ひなぎく)」  「延命菊(えんめいぎく)」  「長命菊(ちょうめいぎく)」

開花時期になると花が次々に咲くので、枯れはじめてきたら花茎ごと切りましょう。そうすると株が疲れずに長期間花を楽しむこともできますし、枯れた花にカビがついて病気を誘発する心配もなくなります。
本来毎年花を咲かせる多年草ですが、暑さで枯れることが多く、1年草として扱うのが一般的です。
日当たりの良い場所を好みます。ある程度の日陰にも耐えますが、日照不足だと茎が間延びしたり花付きが悪くなります。特に苗の時期はしっかりと日に当てて丈夫な株に育てることが大切です。
寒さには比較的強いですが、不安な場合は霜よけ程度の簡単な防寒をします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2016.8.29

    Flower Garden K イズミヤ和歌山店

    和歌山市新生町に店舗があり、常に新鮮な花々が種類豊富に揃っていて、お客様に癒しを…

  • 2015.5.18

    (株)吉本園芸

    季節のお花を中心に様々な種類のお花を取扱っているフラワーショップで花束やアレンジ…

  • 2018.3.1

    下北沢整形外科リウマチ科クリニック

    関節痛やリウマチ、運動機能の障害など、身体的苦痛でお悩みの患者様に対して、症状を…

  • 2017.3.9

    渋谷フェミークリニック

    「女性を幸せにする医療」を第一にしている美容皮膚科で、一人一人がそれぞれ持つ美し…

  • 2018.5.1

    熊本血管外科クリニック

    開業以来5600例以上もの手術実績がある血管外科専門のクリニックですから、最新の…

  • 2015.4.6

    生花ちわひろ

    創業20年以上の実績からそれぞれのニーズにあったお任せアレンジメントを提供してく…

  • 2017.2.10

    かんけクリニック

    連携施設との協力を密にするなど、退院された患者が本当に必要な医療を受けられる環境…

  • 2017.9.11

    神尾記念病院

    最近では、医療においても"生活の質"の向上を求められる機会が多くなってきましたが…

  • 2020.4.6

    専門性の高い脳神経外科の話

    脳神経外科は、脳や脊髄、神経を専門にしている専門家で、脳梗塞やくも膜下出血などの…

  • 2016.11.14

    新宿外科クリニック

    本来数日の入院が必要な鼠径ヘルニアや痔核、下肢静脈瘤などの手術の日帰り手術を専門…

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る