外科と内科は何が違う?

病院には色々な診療科がありますが、外科と内科はどんな部分に違いがあり、どちらを受診すれば良いのでしょうか?

外科は手術を伴う治療が専門で、内臓や皮膚、神経や関節、骨や歯などの怪我や病気を治療できるのです。

内科は薬物投与による治療が専門で、内臓の他に血液や神経など薬物療法で治療できる病気に対応していますが、外科以外の分野の治療を内科とも呼ばれているそうです。

薬剤だけで治療できる症状なら内科を受診して、症状の進行具合によっては外科を受診する事になるでしょう。

色々な診療科があるため、どの診療科に行けばいいのか分からない場合には、まずは内科を受診して医師の判断を聞き、必要に応じて外科を紹介してもらう事になるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る